上流工程(CAD/CAE課、設計課)
製品.JPG

お客様よりご発注を頂いたら、

製品データ・製品図・検討工法等の情報を迅速に共有し、

社内すり合わせを行います。

様々な観点から、高品質・低コスト・短納期化を目指し、

工程の検討を行います。

解析.png

検討した工程・工法・造形で製品にワレやシワが出ない事、

また0.1mm単位での品質が保証出来る事​を確認する為、

プレス成形シミュレーションを行います。

また、海外企業との共同受注を通じ、

アルミ部品の共同解析開発にも​取り組んでいます。

工程図.JPG

各工程の金型設計図をパラレルで作成していきます。

金型を製作してカタチにするまでに、

お客様の仕様、金型強度、メンテナンス性、安全性、量産性、といった様々な観点を全部門でレビュー確認した上で

設計図面を作成します。

 

また金型設計図を作成するにあたって、その根源となる

工程要領図(DIE LAYOUT)は絶えず高度化を目指し、

​100%社内製作しています。

ATOS.JPG

非接触3D測定機を用いて、全工程の製品パネルを測定し

0.01mm単位で品質を確認します。

これにより、

検査治具無しでも製品精度の早期確認、品熟が可能です。

また、お客様への品質保証のツールにもなっています。

更にプレス成形シミュレーションとの結果の比較を行い、

日々、高精度化に取り組んでいます。

これらの活動が㈱NTTデータエンジニアリングシステムズ様

の情報誌「人とシステム」に取り上げられました。

​(外部リンク)

中流工程(CAM課、機械課)
ブレイン.png

3D-CAMを用いて、形状ごとの最適なNCデータを作成します。

形状のパターンにより、

自動計算を行える様、機能を最適化しています。

そして作成したNCデータをNC-BRAINを用いて、

従来の加工時間よりも30%以上短縮しています。

また、切削方法や工具テスト等を通じ、

絶えず加工時間の短縮、高品質化に​取り組んでいます。

2D-CAM、2.5D-CAMを用いて

構造部加工のNCデータを作成します。

金型が形になる前の最終チェックを行いながら、

設計図面をより忠実に、

且つ、より段取りよく製作出来る様、取り組んでいます。

また、

構造部の夜間無人加工への取り組みが、㈱セイロジャパン様のGo2CAM導入事例で取り上げられました。

​(外部リンク)

KIKAI.jpg

構造部、形状部の加工を

NC工作機械や大型5面加工機で、機械加工します。

SENSA.JPG

加工の予定を明らかにしているので、

段取り良く、高品位な金型製作を実現しています。

​また製品の品質を保証するために、機械加工終了時には、

0.01mm単位で機上測定を実施しています。

下流工程(組立仕上課)
組立トライ.JPG

金型の機能を満たすパーツを組み付け、

金型の動的な確認を行い、

各工程の重要な部位に繊細な調整や仕上げを施します。

そして、実際にプレス加工機と金型を用い、

製品をトライアウト検証します。

問題点は前工程にフィードバックし改善サイクルをまわし、

お客様への価値のご提供に努めております。

フィンガーシミュレーション.JPG

自動搬送で生産する部品には、

弊社の多様な生産ラインに対応出来る

フィンガーシミュレーション設備を活用しております。

お客様の設備で確認トライをする前に、

弊社で再現・調整し、搬送保証した金型を出荷しています。

​全体最適化(生産計画、生産調整)

​これら一連のモノづくりをハイパフォーマンスで行う為に、

上流工程・中流工程・下流工程のそれぞれでQCD​目標を網羅した、

予定表を活用しています。

更に、すべての工程で全体生産計画表を把握し合っているので、

とても風通し良く、金型作りに取り組んでいます。